商品カテゴリ一覧 > オリーブ食品 > 国産オリーブ・オリーブオイル

 日本のエーゲ海と呼ばれる、岡山県瀬戸内市牛窓町。恋人の聖地や夕日百選にも選ばれた、風光明媚な場所です。
 ここに1942年にオリーブを植えたのが、牛窓オリーブ園と日本オリーブ株式会社の始まりでした。
 現在は10haの土地に成木で約2,000本のオリーブが植えられており、収穫したオリーブはオリーブの浅漬・
オリーブオイルとして製品化される他、化粧品原料としても研究・配合を行っています。
 ここでは貴重な牛窓オリーブ園産の食用オリーブをご紹介しています。