暮らしの中にオリーブを。

一目で分かる!オリーブの育て方1年カレンダー

2016.11.12

 

 

オリーブの一年ってどう流れているのでしょうか?
開花の時期や果実収穫の時期、肥料のタイミングなどをご紹介します。

オリーブは、年間平均気温が14~16℃の温暖で、年間降水量が少なく水はけのいい土地でよく育ちます。寒さには強いですが、温かい地方では樹の生育は早くなります。ただし、1月の平均気温が10℃以上あると花がつきにくく、15℃以上では花芽が成長しにくくなりますので、果実がなりにくくなるかもしれません。
 

■剪定

2月~3月の剪定は、できるだけ新梢(新しく伸びた枝)を残すようにして、樹の内部まで日光が入るように不要な枝を取り除きます。込み入っている部分は、左右交互に枝が出るように整えます。
仕上がりの目安は、おぼろげに向こうの景色が見えるくらいです。主枝の剪定など、思いっきり形を整えるのはこの時期。細枝の剪定は1年中行えます。

↓↓↓オリーブの剪定の映像はこちら↓↓↓

 

 

■開花

 

オリーブは5月下旬~6月上旬に花を咲かせます。花は、直径3mmほどの白い小花が房状につき、1つの花房に10~30輪咲きます。1本では自家不和合性が強いため、実をつけにくいオリーブの樹ですが、他品種の花粉で受粉してやればよく結実します。開花、結実は樹高が1mを超える程度に成長すれば始まります。

↓↓↓オリーブの花の映像はこちら↓↓↓

 

■水やり

 

乾燥気味の土壌で成長するオリーブは、初夏~秋によく乾くとき以外は自然の降雨だけでも充分に育つことができます。しかし、乾燥を好むからと言って、真夏に水やりをせず完全に乾かしてしまうと生長が止まったり、果実も乾燥し、シワがよることがあるので注意が必要です。特に、鉢植えの場合は露地植えよりも水やりを定期的に行う必要がありますが、水が溜まってしまうと根腐れを起こしてしまいます。土の状態をみてながら乾湿のサイクルを回していくことが大切です。

↓↓↓オリーブの水やりの映像はこちら↓↓↓

 
■果実収穫

 
オリーブの収穫方法は、大きく分けて手摘み式と機械式の2種類がありますが、当社では手摘み式を採用しています。収穫方法として果実を傷つけることなくよりよい状態に保てる方法です。一粒一粒やさしく手で摘みながら収穫しています。
オリーブの実は最初明るい緑色をしていますが、実が熟してくると緑から紫、黒へと成熟度が増すほど色が濃くなっていきます。充分成長した緑色の果実は、果肉がしっかりしていて、浅漬けなど食用に適しています。成熟が進み、緑から色が変わりはじめる頃からオイルの含有量が増えていき、オリーブオイル用として収穫されます。成熟度によって香りや風味も変わっていきます。

↓↓↓オリーブの収穫の映像はこちら↓↓↓

 

「太陽の樹」と呼ばれるオリーブ樹。その名の通り、太陽の光が大好きです。
鉢植えの場合も日光のあたる場所に置いて、元気に育てましょう。

あなたもオリーブを育ててみませんか?
▼オリーブの苗木 購入はコチラから▼

初心者人気No.1
かわいさNo.1
実の大きさNo.1

ルッカ
初めてオリーブを育てる方に。
病気や寒さに強く、成長が早い品種です。
オイルの含有率が高い品種なので、青い果実~黒い果実までにそれぞれオイルを搾って楽しめます。

アルベキナ
小さなかわいい丸い実が鈴なりに。比較的低木なので、女性でもお手入れがしやすい特徴があります。
よく茂るので、オリーブで垣根を作るのにもぴったりです。

マンザニロ
低木で開帳性の品種です。
スペイン語で「マンザニロ」は「小さなりんご」という意味。
実が比較的大きくなりやすいので、収穫した実を浅漬けにしたいなら、こちら。
観賞用No.1
花粉量NO.1
人気 No.1

セントキャサリン
銀白色に輝く葉が魅力的。葉の先が反り返った形が特徴で、あまり流通していない珍しい品種です。
樹形が美しく大きくなるので、シンボルツリーにぴったりです。

ネバディロ=ブランコ
花粉量が多く、受粉樹として「2本目」のオリーブにお迎えする方が多いです。
比較的成長が早く、大きくなりやすいので初心者にもおすすめです。

ミッション
葉の両面のコントラストが美しい品種です。直立型のすっきりとした樹形でシンボルツリーとしても楽しめます。
採れたオリーブは浅漬けにもオリーブオイルにも。
日本オリーブ株式会社/牛窓オリーブ園公式オンラインショップはこちら
会員登録で2回目の購入から使える500ポイントプレゼント●会員登録はこちら●

SNSをフォローして最新情報をゲット!

Facebook
Instagram
Twitter
SOCIALICON
YouTube

人気のある記事

“一目で分かる!オリーブの育て方1年カレンダー” への2件のフィードバック

  1. なら本あいみ より:

    コメント失礼します。2月に頂いたオリーブの木が枯れてきているのか、葉が乾燥ししぼんできました。初めて植物を育てているのでどうしたらいいか分からずコメントさせて頂きました。水はあまりやらない方がいいとのことで1〜2週間に1度200cc水をやっており、まだ土の交換はしていません。肥料の問題なのでしょうか…

    • kinoshita より:

      コメントありがとうございます。
      初めて育てる植物にオリーブを選んでいただきありがとうございます。

      ご心配の件、「葉が乾燥ししぼんできました」とありますが、オリーブの葉は乾燥すると、葉の縁が少し丸まるようになります。
      お手元の葉はそのような形になっておりますでしょうか?
      「水はあまりやらない方がいい」というよりも「水を少々あげなくても枯れない」という事と「水のやりすぎが原因で病気になりやすい」という事です。

      苗木のサイズがわかりかねますが、当社で販売している片手に乗るほどの小さいサイズの苗(4.5号ポット入り)でも、今の時季に「1〜2週間に1度200cc」の水では少ないと感じます。
      どの鉢のサイズでも、水をあげるとき、鉢の底から水が1度抜ける程度の水をあげ、水が抜けきると、再度たっぷりと水をあげます。
      暑くなってきている今の時季から秋口までは、2,3日に1度水やりをします。
      また、病気の原因になるので、鉢の受け皿には水はためないでください。

      参考「水遣りの方法動画」:https://youtu.be/76McefeoDQA
      ぜひ、試してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

瀬戸内のエーゲ海、牛窓オリーブ園へ

瀬戸内の美しい島々を見渡す丘にある「牛窓オリーブ園」がわたしたちの活動拠点です。約2,000本のオリーブが茂る園内にはハーブ園や幸福の鐘の丘などがあり、家族でくつろげる観光スポットとしても知られています。山頂にあるショップには当店で販売されている化粧品、食品、オリーブの鉢植えなどが並び、展望台からは周囲の景色をぐるりと360度眺めることができます。初夏に咲く白いオリーブの花、秋に色づくオリーブの実、そして年に一度、大勢のお客様でにぎわう収穫祭と、四季折々の表情を楽しんでいただけます。

 化粧用オリーブオイルサンプルセット
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial