暮らしの中にオリーブを。

オリーブオイルで毛穴ケア

2020.06.22

オリーブオイルで毛穴ケア

 

年々毛穴が目立ってくる気がする、ファンデーションをしても毛穴が隠れない、洗っても洗っても毛穴が黒い・・・・。
毛穴の黒ずみ、毛穴の開きと、毛穴の悩みは尽きません。
せっかくなら、毛穴を気にしないツルンとしたお肌を維持したいですよね。
毛穴の仕組みと悩みの原因、そしてその対策を知って、毎日のスキンケアに生かしませんか?

毛穴ケアのポイント

①毛穴の汚れは、汚れを浮かせて取る

②洗い終わった毛穴は引き締める

③肌を乾燥させない

 

1. 毛穴の仕組み


まず、覚えていてほしいのは、毛穴は、実際に「穴」があるので、正常な肌状態でも、影により黒っぽく見えることがあります。また、毛穴からはえている産毛が目立つと毛穴が黒っぽく見える場合もあります。
見えなくしてしまいたい毛穴ですが、肌の一部ですので、残念ですが、どんなに埋めてもひっぱっても毛穴はなくなりません。 

それでは、毛穴の話の前にまずは、「皮膚」についての話をしましょう。
皮膚は「表皮」、「真皮(しんぴ)」、「皮下組織」の3層で構成されています。毛穴があるのは「表皮」の部分でこの厚みは約0.1~0.3mmと非常に薄いのです。
この表皮は、「角質層(かくしつそう)」、「顆粒層(かりゅうそう)」、「有棘層(ゆうきょくそう)」、「基底層(きていそう)」の細胞層から構成されています。 基底層から生まれた細胞は約1ヶ月の周期で、基底層>有棘層>顆粒層>角質層と肌表面に押し上げられるように移動しながら変化し、最終的には剥がれ落ちて新しくなり、表皮の細胞がいれかわるターンオーバーが起こります。
この表皮部分にある毛は生えている穴がいわゆる「毛穴」で、全身に約500万個あるといわれています。
実は、毛穴の中にあるのは「毛」だけではありません。
毛が作られる毛根から毛が肌から出てくる毛孔までの間(毛包)に、皮脂腺やアポクリン腺など、皮脂や汗を分泌する器官があります。
これらから排出された分泌物は毛包の中を通り、毛の出口である毛孔から排泄されます。
その中でも分泌された「皮脂」の影響で毛穴の悩みというものが発生しやすくなってきます。
この皮脂腺は頭部・額・鼻周辺・胸・背中中央などで発達しています。

 

2. 毛穴の悩みの原因


毛穴の仕組みについて、知った上で、本題の毛穴の悩みについて、その原因を探っていきます。 まず、毛穴の最大の悩みは、「毛穴の黒ずみ」と「毛穴の開き」・・・。

どちらもその最大の原因となる「皮脂」は、もともと汗と混ざり合って皮膚の表面を覆う保護膜とも言われ、美肌維持には必須な要素です。皮脂を含むいくつかの分泌物と混ざり合った皮脂の保護膜は、皮膚の水分の蒸散を抑え、肌のツヤやすべりをよくしています。 「皮脂」は毛穴の中の皮脂腺から分泌され、毛穴の出口を目指して排出に向かいます。 しかし、皮脂が何かの影響で「過剰」となったとき、問題が起こります。

皮脂の過剰で起きる問題というと、すぐに思いつくのが、顔のテカリやベタツキ、そしてニキビです。

「毛穴の黒ずみ」とは、毛穴に詰まった皮脂など(角栓)の表面が酸化し、黒ずんだ状態です。 分泌された皮脂、古い角質、肌の汚れなどが混ざり合って毛穴を詰まらせるものを角栓(かくせん)といいます。これを放置しておくと角栓が大きくなって毛穴を広げ、さらに酸化し、黒いボツボツの毛穴に見えるのです。

そして、「毛穴の開き」は、同じ皮脂の過剰分泌により、角栓が大きくなり毛穴を広げたり、過剰な皮脂分泌の排出に迫られて毛穴を広げたり、または、加齢による肌のたるみが大きな原因です。 鼻やおでこに見られる毛穴は皮脂原因のものが多く、頬の毛穴は年齢に由来するものが多いようです。

この皮脂の過剰分泌には、ホルモンの影響、偏った食生活、間違った洗顔・スキンケア方法などさまざまな影響が考えられます。 バランスのよい食事、睡眠、運動の心がけはもちろん欠かせません。 その上で、丁寧で正しい洗顔と、その後のスキンケアが重要となります。 毛穴の汚れは必ず落ちます。もう一度ルールにのっとりスキンケアしてみましょう。

3. 毛穴ケアにオリーブオイルが選ばれている理由


まず毛穴の汚れを除去するために、洗顔が重要です。 クレンジングと洗顔で汚れを落とします。

クレンジング剤はオイル・クリーム・水などいろいろありますが、オイルタイプをおすすめします。

もともと角栓や毛穴の黒ずみは皮脂や油性の汚れなどが含まれています。ゆえに、オイルとなじみやすい性質があります。
布についた汚れも種類によって、シミ抜き方法や洗剤を変えますよね?
同じように、皮膚も皮脂汚れを除去するのには、皮脂汚れとなじみやすいオイルを使用することが汚れを落としやすくするコツです。

中でもオリーブオイルはクレンジングに最適です。
ではなぜ、数あるオイルの中でもオリーブオイルをお勧めするのかというと・・・・。
第一にオリーブオイルは肌表面だけでなく毛穴にも入り込み、メークや皮脂などの汚れを溶かしだします。
また、オリーブオイルは、人の皮脂に近い成分が含まれているので、肌なじみがよく保湿にも効果的です。
そして、肌の上で滑らかに伸びるので、顔と手の間のクッションとなって肌をこすらず使用できます。
最後に、オリーブオイルは世界中で何千年と人の生活とともにあり、使われてきた経験があります。食用としてだけでなく、スキンケアにもながく使われています。経験的に肌にとってマイナスな面があると後世に伝えられ、今スキンケアとして使われていないでしょう。スキンケアにも良いものだからこそ、生き残ってきたオイルなのです。
だから、オリーブオイルでのクレンジングを選ぶのです。

 

4. スキンケアに用いるオリーブオイルの選び方


スキンケアに用いるオリーブオイルは余分なものが入っていないものがよいといわれています。
エキストラバージンオリーブオイルを使って洗顔しましょうという事も聞きますが、もともとオリーブオイルには多くの微量成分が含まれています。

健康のため食用にするのは最上級のエキストラバージンオリーブオイル、そのままがよいとされています。

しかしながら、スキンケアに使用する場合、さまざまな成分が肌には負担となる場合もあるので、スキンケア用に精製されたオリーブオイルを使うのがよいでしょう。

5. 洗顔後のスキンケア


クレンジングと洗顔を行って、毛穴の汚れまで取りきった後、毛穴は無防備に開いた状態です。最後は必ず収れん効果のある化粧水で毛穴を引き締め、その後、保湿化粧水、乳液やクリームで保湿します。
きれいに洗っても毛穴は開きっぱなし。なんでことにならないように最後まで気を抜かないように、スキンケアしましょう。
また、皮脂がたくさん出るからと、保湿をしないのは、肌の乾燥を促進し、乾きをカバーしようと、皮脂の過剰分泌につながる悪循環が生まれます。必ず、保湿しましょう。

また、皮脂は毎日でるので、一度に毛穴を大掃除してクリーニングするというよりは、毎日、丁寧なスキンケアを心がけて、汚れの残っていない毛穴のつまらない肌、角栓に毛穴を広げられない肌の維持を目指しましょう。

6. オリーブオイルによる毛穴集中ケア


オリーブオイルを使ったスキンケアをご紹介します。

**【手順】*********
①クレンジングします
②洗顔します
③オイルマッサージします
④毛穴を引き締め、肌を保湿します
***************

①クレンジングします

★まずは、アイメイク・口紅・アイブロウなどのポイントメークを落とす
ポイントメークは専用のリムーバーで手順どおりに落とします。
オリーブオイルで落とす場合は、水で湿らせ固く絞ったコットンに約1mlのオリーブオイルを含ませ、ポイントメークになじませて、やさしくふき取ります。オイルをなじませたコットンは、両目に各1枚、唇に1枚使用します。

★次にベースメークを落とす
オリーブオイルで落とす場合は、約4mlのオリーブオイルを顔全体になじませます。
額から順に、あご、口まわり、頬は下から上へとメークとなじませて浮かび上がらせます。
メークとオイルがなじんだら、ティッシュでやさしく抑えるようにして、汚れとオイルをしみ込ませます。ティッシュをはがしたら、固く絞ったタオルなどで顔全体を覆い、上から下に汚れをぬぐいます。

②洗顔します
石鹸や洗顔料を手のひらや泡立てネットなどでよく泡だて、泡で顔を包み込むようにして洗います。その後、ぬるま湯か水で充分すすぎます。

③オイルマッサージします
オリーブオイルを約4ml、手に取り、顔全体に広げたのち、マッサージします。
フェイスライン、口元、鼻、目元、頬、ひたいと下から上へと持ち上げるようにマッサージします。
体温程度のホットタオルでお顔全体を覆い、冷める寸前に軽く抑えるようにふき取ります。

\プラスワンのポイント!/
クレンジング、洗顔し、タオルで水分をふきとったら、オリーブオイルを顔に広げて、バスルームに入り、湯舟に浸かってクルクル・・・ マッサージ効果と温浴効果、蒸気の効果で毛穴が開いて汚れが浮き出てきます。

④毛穴を引き締め、肌を保湿します
毛穴を引き締める効果のある収れん化粧水を使い毛穴を引き締めます。
その後、保湿化粧水・乳液・クリームやオリーブオイルを塗布して保湿します。




オリーブオイル オリーブマノン 化粧用オリーブオイル


添加物不使用、100%純粋なオリーブオイル

敏感肌の方・子どもやペットのいる家庭でも安心して使用できます。

無料サンプルはこちらから>>


-日本オリーブのおすすめ商品-

商品名


オリーブマノン
化粧用オリーブオイル


オリーブマノン
オリーブオイルクレンジング


オリーブマノン うるおい
カラミンローション


オリーブマノン
オリーブリーフローション(銀葉水)

用途 クレンジング(ふき取り用)
オイルマッサージやクリーム代わりにも
クレンジング(洗い流し用)
オイルタイプ
お肌のひきしめ・化粧崩れ防止
日焼け・アセモのお手入れに
お顔の保湿
お肌のひきしめに(冷蔵可)
特徴 添加物不使用
100%純粋なオリーブオイル
敏感肌にも
オリーブ由来の天然保湿成分配合
すっきり洗い流したい方に
カラミン配合・2層式化粧水
おだやかにひきしめて整える
さっぱりした使い心地
サラッとした使い心地
ノンアルコール
ローズマリー葉油のさわやかな香り
容量(朝晩使用) 200ml(約1.5~2カ月分) 155ml(約1~1.5カ月分) 150ml(約1カ月分) 180ml(約1カ月分)
レビュー
(22年4月)


7. まとめ


まとめると、2大毛穴トラブル「毛穴の黒ずみ」と「毛穴の開き」は主に洗い流せていない皮脂などのつまりが原因です。
その対策には以下の毛穴ケアのポイントに注意してスキンケアし、それを毎日続けることが何より大切です。

毛穴ケアのポイント

①毛穴の汚れは、汚れを浮かせて取る

②洗い終わった毛穴は引き締める

③肌を乾燥させない

また、クレンジングにはオリーブオイルがいい理由も知っておいてください。

毛穴ケアにオリーブオイルがよい理由

①オリーブオイルは肌表面だけでなく毛穴にも入り込み、メークや皮脂などの汚れを溶かしだす。

②オリーブオイルは、人の皮脂に近い成分組成なので(又は皮脂の主成分と同じ成分が含まれているので)、肌なじみがよく保湿にも効果的。

③オリーブオイルは、肌の上で滑らかに伸びるので、顔と手の間のクッションとなって肌をこすらない。

④オリーブオイルは、何千年もスキンケアに良いオイルとして生き残ってきた歴史がある。

毛穴の汚れは必ず落ちます。
丁寧で正しい洗顔とスキンケアを行い、肌を守りながら、内からもバランスのよい食事・睡眠、運動などを心がけてください。
毛穴は決してなくなりませんが、毎日の努力で毛穴レスな美しい肌を保つ事を目指すことはできます。この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

暮らしの中にオリーブを -日本オリーブ株式会社-


1942年に岡山県牛窓町でオリーブ園を開園し、1992年からはスペインにも自社農園を持ち、使用感と素材にこだわる自然派化粧品とオリーブオイルを誠実につくり、お届けしています。

日本オリーブ株式会社/牛窓オリーブ園公式オンラインショップはこちら
会員登録で初めての購入から使える 500ポイントプレゼント●会員登録はこちら●

SNSをフォローして最新情報をゲット!

Facebook
Instagram
Twitter
YouTube

人気のある記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

瀬戸内のエーゲ海、牛窓オリーブ園へ

瀬戸内の美しい島々を見渡す丘にある「牛窓オリーブ園」がわたしたちの活動拠点です。約2,000本のオリーブが茂る園内にはハーブ園や幸福の鐘の丘などがあり、家族でくつろげる観光スポットとしても知られています。山頂にあるショップには当店で販売されている化粧品、食品、オリーブの鉢植えなどが並び、展望台からは周囲の景色をぐるりと360度眺めることができます。初夏に咲く白いオリーブの花、秋に色づくオリーブの実、そして年に一度、大勢のお客様でにぎわう収穫祭と、四季折々の表情を楽しんでいただけます。

●初回限定体験セット●

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial