暮らしの中にオリーブを。

マグロのカタルーニャ風サラダ(Xató de atún y anchoas)【レシピ】

2019.05.27

元々は、塩蔵のタラでつくるサラダを、タラゴナではマグロでも作ります。赤身のマグロをオリーブオイルでコンフィにして。ロメスコソースは、サラダ以外にもいろいろな料理に添えて楽しんでください。

材料(4人分)
マグロのコンフィ
マグロ赤味 100g
オリーブオイル 70cc
粒黒胡椒 5~6粒
ロメスコ・ソース
完熟トマト 大2個
にんにく 丸ごと1個
赤ピーマン(パプリカ) 1個
アーモンド(スライス) 80g
バゲットパン 1~2枚
オリーブオイル 1カップ
白ワインビネガー 1/4カップ
粉末パプリカ 大さじ3杯
鷹の爪(種を取り除いておく) 1本
適量
その他
フリルレタス 適量
黒オリーブ 適量
グリーンオリーブ 適量
アンチョビー 4本

① ロメスコソースを作る。トマト、ニンニク、赤ピーマンを、ホイルにのせて、オーブントースターで焦げるまで焼く。
② 皮をむき、ミキサーにいれる。
③ アーモンドとパンは、フライパンで、やや高温のオイルで揚げる。
④ すべての材料をミキサーにかけて、なめらかにする。塩味を調整して仕上げる。
⑤ サラダ用のレタスは、洗ってちぎっておく。
⑥ フライパンにオリーブオイル、胡椒、ローレルを入れ、低温でマグロにゆっくりと火を通す。
⑦ 皿にレタスをもりつけ、マグロ、アンチョビー、オリーブの実をのせる。ロメスコソースを添え、混ぜながら食べる。

ワンポイント!
マグロのコンフィは、ツナ缶で代用できます。

こちらのレシピは、スペイン料理研究家の渡辺 万里さんに教えていただきました。


 <渡辺 万里さん略歴>
 スペイン料理研究家。料理を通して料理人の世界、生産者の世界と関わるに連れて、食と社会をつなぐ活動に関心を抱く。現在、東京、軽井沢、スペインを拠点として、様々な食に関するイベントを開催している。「スペイン料理文化アカデミー」主宰。「美食リゾート軽井沢」主宰。
 スペイン料理文化アカデミー https://academia-spain.com/

日本オリーブ株式会社/牛窓オリーブ園公式オンラインショップはこちら
会員登録で2回目の購入から使える500ポイントプレゼント●会員登録はこちら●
SNSをフォローして最新情報をゲット!
Facebook
Instagram
Twitter
SOCIALICON
YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

瀬戸内のエーゲ海、牛窓オリーブ園へ

瀬戸内の美しい島々を見渡す丘にある「牛窓オリーブ園」がわたしたちの活動拠点です。約2,000本のオリーブが茂る園内にはハーブ園や幸福の鐘の丘などがあり、家族でくつろげる観光スポットとしても知られています。山頂にあるショップには当店で販売されている化粧品、食品、オリーブの鉢植えなどが並び、展望台からは周囲の景色をぐるりと360度眺めることができます。初夏に咲く白いオリーブの花、秋に色づくオリーブの実、そして年に一度、大勢のお客様でにぎわう収穫祭と、四季折々の表情を楽しんでいただけます。

エキストラバージンオリーブオイル うしまど
Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial